情報システム担当になった時に最初に覚える事

カチドキ太郎

爆誕、情シス君

情報システム部、もしくはパソコンが詳しそうだから、ネットワーク担当になっちゃいましたか?

それは、それは。。あなたは情シス君情シスさんですね
えっ、もしかしてひとり情シス??

それは大変だぁ
パソコントラブルが起きたら、不機嫌な人に文句を言われながら治すヒーロー?

わかっています
あなたは縁の下の力持ちなのです

そんなヒーローに、ネットワークの基礎の基礎を尊敬の念をもってお伝えします
そして、幸運を祈る

なんでパソコンはインターネットに繋がるんですか?

なんでPCは通信出来るの?

パソコンには、IPアドレスというパソコンの電話番号みたいな番号がある
電話番号は世の中に同じ番号はないというのが基本の考え方

SSIDのパスワードを入力するとインターネットに繋がる
この場合、IPアドレスはどうやって決まるの?

接続されたネットワークにはDHCPサーバーという、IPアドレスを自動的に配布してくれるルーターがある
だからスマホなり、パソコンは通信が出来るのだ

IPアドレスの確認をしてみよう

コマンドプロンプトを立ち上げる

PCの左画面下
「ここに入力して検索」「cmd」と入力してENTER

魔法のコマンドを入力

「ipconfig /all」と入力するとパラメータが出現する

IPアドレスとデフォルトゲートウェイをチェック

右側は各端末のパラメータが

ここは例として

IPアドレス「192.168.0.5」
デフォルトゲートウェイ「192.168.0.1」

と仮定します

もうひとつ魔法のコマンドを入力

ゲートウェイと通信出来ているかの確認
「ping」+「スペース」+通信したいIPアドレス(ここでは192.168.0.1)

通信出来ないと、「要求がタイムアウトしました」と表示される
通信が出来ていると赤枠のように、データが帰ってくることが確認できる

ここで切り分けが出来る

  • パソコン自体の不調であれば、コマンドプロンプトが立ち上がらない
  • ネットワークが不調であれば、ゲートウェイまでデータが飛ばない
  • ゲートウェイまでデータが飛ぶなら、その先のネットワークがおかしい

これで3パターンの切り分けが出来た

まず最初にすること

  • コマンドプロンプトを立ち上げる
  • IPアドレスを調べる
  • デフォルトゲートウェイにPingを打ってみる

この先の分岐点は多数あると思うけど、とりあえず今日はこの辺りで

-みんなの情シス, 情報システム部